ホルモン補充療法で更年期障害を対策|利用する場所に注意

ウーマン

溶ける糸でハリのある肌を

頬に触れる女性

即効性の美容外科

40歳を過ぎた頃から、自分の顔の印象が変わってきたと感じる方は多いでしょう。特に頬のたるみは目立つので気になります。このような加齢によるお肌の変化は、化粧品やサプリメント、顔の体操などを毎日続けなければ効果は表れません。頬のたるみに対して即効性を求めるのであれば、美容外科での治療が最適です。それは溶ける糸を挿入する方法です。顎の下からこめかみに向けて左右2、3本ずつ挿入してリフトアップします。これには笑気麻酔と顔の部分麻酔が伴うので、施術前に必ず医師と相談して下さい。もう一点気を付けることは施術後です。糸は1ケ月程度硬いため違和感が残ります。こめかみの辺りが非常に突っ張るので、急に大笑いしたり顔のマッサージは厳禁です。

年齢化粧品って高い

頬のたるみに有効な溶ける糸の施術は、全く怖がる必要はまったくありません。10分程度で、あっという間に終わってしまいます。料金は病院のキャンペーンなどが適用された場合、15万円くらいで済むこともあります。たるみに効果が実感できる年齢化粧品となると、1品1万円近くします。すると、基礎化粧品だけで4万から5万円になります。これに加えてサプリメントやエステの料金を考えるとどうでしょう。やはり、美容外科の方がお得だと感じませんか。今の美容外科は昔と違って、コソコソ隠れて行く場所ではありません。エステ感覚で定期的に通っている方が多いのです。美容外科での頬のたるみケアは糸での施術だけではありません。ヒアルロン酸をたるみに注入して、皮膚のハリを取り戻す施術もありますし、切開でたるんだ皮膚を引き上げてリフトアップする施術もあります。まずは、無料カウンセリングなどで、どのような解消方法があるのかを探るのが大切です。